北国の恵み 効果

サプリメントの誤った飲み方は危険

 

サプリメントの誤った飲み方は危険

 

医薬品ではなく、栄養補助食品と見なされているサプリメントですが、だからといって気軽な気持ちで適当な飲み方をしていると体に良くないこともあります。
短期間に過剰にサプリメントを飲むと、体に悪影響を及ぼす可能性が高いので要注意です。
例えば、脂肪を燃やす効果があるサプリメントを目安量よりも多く摂取したために、肝臓への負荷が大きくなりすぎて、トラブルになった人もいます。
ほかにも、医薬品とサプリメントを一緒に飲み続けたため、逆に効果が出にくくなったということもあります。
逆に、サプリメントの作用により、薬が効きすぎてしまうこともあります。
ビタミンKを多く含む青汁などのサプリメントは、ワーファリンという成分の効果を強めることがあります。
ワーファリンを処方されている人は、飲み合わせに注意しないといけません。
血が固まりにくくなり、健康に良くないことになってしまいます。
医薬品とサプリメントの関係はとても複雑で、サプリメントに様々なビタミンやミネラルが使われていたことが原因で悪影響が出る場合もあります。
薬と併用する場合は、かかりつけの医師や薬剤師に正しい飲み方を確認した上でサプリメントを摂取するようにしましょう。
飲み方が正しくなかったために具合が悪くならないようにしましょう。
薬とサプリメントの組み合わせだけでなく、サプリメント同士でも、組み合わせ次第では副作用が出ることがあります。心配ならばメールや電話で、サプリメントメーカーに飲み方について問い合わせてみるといいでしょう。

 

TOPページに戻る